--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある人物の辿った道

2007年08月06日 21:41

昨日はユーザー主催のイベント。フロドの辿った道を歩こうというイベントがありました。ブリー村躍る子馬亭を出発し裂け谷へ向かう旅路です。ハダリが一人では行けないところですが、高レベルのみなさんに甘えてくっついていくことにしました。


集合場所は子馬亭。
集合!子馬亭

こんな感じでプレイヤーが集まりとても賑やかな店内の雰囲気になります。みなさんビールは足りてますかな?

パーティを組み南門前まで行くと、ここにはしだ家のビルの家があります。密告者としてプレイヤーから嫌われています。
リンゴを投げる代わりに・・・何してんですか皆さん。
奴らを高く吊るせ

家を囲んで火をつけちゃってます。

風見が丘の窪地。実は直前までクエストのためにこのあたりをうろついてました。
ここはフロド達が野営した場所。そして原作においてはナズグルに傷つけられた場所です。記述どおり近くには薪が用意されています。
キャンプファイヤー


そして風見が丘のてっぺん。ガンダルフが残したサインを確認します。
ダイヤルGを廻せ

ちゃんとゲーム内でも再現されています。


さらに進み、今のハダリのレベルでは到底行くことのできない地、トロルの森にやってきました。エリートが行く先々で暴れていますがカンストの皆さんの手によりあっという間に倒されていきます。
ハダリも遠くから撃ってみましたけどね。

その先にはトロルの岩屋、そして名物石トロルがいます。
鷲は舞い降りた

長い年月の末、鳥が巣を作ってました。

石トロルから街道に出るとこんな人が現れました。
わが名は・・・

こちらも原作準拠。アラゴルンを迎えにきたグ口ールフィンデルです。
これはサプライズでした。やりますねぇイベント主催の方々。

ブルイネンの浅瀬を渡り裂け谷に到着。到着直後橋の上からあいきゃんふらーいをやってしまったのはナイショ。視点を変えてSS撮った後、そのまま前進したら落ちちゃいました。ハズカシイ・・・

指輪所持者を囲み記念撮影。
旅の仲間

ハダリが来るのはまだまだ先のこと。馬屋にはあいさつせずに帰還しました。

実は指輪物語 フロドの旅中つ国歴史地図を手元に準備していましたが、みなさん自然と物語の一節を話しだしたりとなかなか指輪ファンのレベルが高いようで、不調法者のドワーフはただうなずいて聞くばかりでした。
プレイヤーに共通の物語があるこのゲーム、一人で名所回りもいいけれどこうやってたくさんのプレイヤーと巡っていくのはとても楽しいことです。
主催のみなさん、ありがとうございました。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hadaly2501.blog105.fc2.com/tb.php/26-617b2359
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。