--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1周年のお祭りとゴブリン町の壁画

2008年06月01日 13:10

Lotro日本語版の正式サービスが始まって1年経ちました。
開発元のTurbine社からのメッセージとのことで
http://www.lotro-japan.com/information/news/news_details/202.html
向こうは順調にモリアやbook14の予定を進めてる様子。日本でのサービスもぜひなんとか継続してもらいたいな。


中つ国でも1周年を祝うお祭りが始まりました。
http://www.lotro-japan.com/information/news/news_details/200.html
そして花火大会。録音失敗したので音楽でゴマカシ。


だれだ場所提供と花火だけかよと言ってるのは。
結構ユーザーが勝手気ままに宴会やるので場所提供だけで充分じゃないかと思います。
あんまり運営が表だって企画すると下手すると反発されますし。
それにユーザーがイベントやるのに運営のイベントが何時からだし・・・なんて気兼ねもしなくてすむでしょう。

その6月1日にはエテンイベントがあります。
スパイクさんのブログhttp://chest.lotroblog.jp/
今までのエテンイベントとは違って野伏、トロルあり、復帰サークルは使用せず(MNSによる蘇生はOKってことですね)全滅するまで、ってことみたいです。
なんか今までになく熱いイベントになりそうです。これはMNSさんを殺さないようにという戦術も必要ですね。


以前はーりさんのブログで見たゴブリン町の壁画。KSでも話題になりみんなで見に行ってきました。
ScreenShot01368.jpg

これこれ。はーりさんによるとカサド・デュム(モリア)陥落の場面らしいということでしたが顔の赤いのが9人いるんですよね。
9人ていえば・・・

この他にも2つの壁画があり
ScreenShot01365.jpg

燃える森から船で逃げだす大鷲に乗って逃げ出すドワーフたちとか。何の場面だかよくわかりません。
ワーグやゴブリンに追われて逃げてるような感じです。
こういうときにぱっと原作の場面が出てこないのはやっぱり指輪ファンとしてはかなり薄めです。
いつも手元に追補編は置いてて見てますが、これが何の場面なのかはちゃんと読みこんでからにしようと思います。

その奥に、ちょうどゴクリの洞窟(ゴクリという名で馴染んでますが、ゴラムというのが正しいのでしょうね)の手前あたりにちょっと怖い絵があります。
ScreenShot01374.jpg

これなんだろう。大ゴブリンかな?
まだ大ゴブリンは見てないけど、右手に火の玉みたいなのが見えるけどそういう奴なのかな?

ゴブリン町はかなり広くていつ行っても迷いますが、迷うことなく道案内してくれたスキンヘッドのバグラさんありがとうでした。


<追記>
ゴブリン町の2枚目のss、大鷲に乗って逃げるドワーフってことは、これ「ホビットの冒険」の一幕ではないでしょうか?
拡大してよくみると上の大鷲にガンダルフとビルボらしい人物もいます。
ScreenShot01365拡

壁画自体、比較的新しいものなのでしょうね。


<さらに追記>
ゴブリン町探検記の動画です。
来週にしようと思った編集を休みだったのでやってしまってupしました。
録音失敗したのでまたもや音楽でごまかしてます。

またマイケルジャクソンです。すみません。好きなんです・・・


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hadaly2501.blog105.fc2.com/tb.php/116-39b1ec42
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。