--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失われた片方を求める旅と釣り大会

2008年06月30日 00:00

ScreenShot01419.jpg

エピッククエストの13章を進めてます。
先週敵を追って入ったダンジョンでボコボコにされた御一行でしたがリベンジとばかりに週末に再挑戦。
こうやればいいかな、ああすればいいかなといろいろ考えますが、どうもうまくいかない。
そのうちにハダリさん都合によりタイムアップとなり戦線離脱。ハダリさんが抜けた後、FSメンバーのお知り合いの方に入ってもらって無事クリアしたそうです。
あとから入った方はキャプテンだったそうです。チャンプ3、ロアマス2、ミンス1の布陣で全滅したものをチャンプとキャプテンを入れ替えることで割と難なく撃破した、ときいてキャプテンの支援効果の凄まじさを知ったとさ。

タイムアップしたハダリさんは、パインさんの撮影をお手伝いしてました。
前回からの続き、ということでエレド・ルインを走り回るホビッツが見られるのではないでしょうか。
ハダリさんの衣装が地味なので・・・
前回の設定聞いた時にびんぼくさいほうがいいのかしら?と1桁レベル装備にしちゃったんですよね・・・
もう少しカッコいい服にしておけばよかったとちょっと後悔。



そして今日はKSのメンバーや知り合いのKSの皆さんと釣り大会でした。
ゴクリの洞窟で釣ろう(なんか汚いものが釣れそうでしたが)ということで3FSと何人かでぞろぞろと行ってきました。
ScreenShot01434.jpg

島の周りを取り囲んで竿を振る一同。なかなか楽しい光景です。
釣った魚をその場で調理して振る舞ってくれた調理師さんがいたり、
レアな魚を釣り上げるたびに歓声があがったり
なんかわかんないけど雑談してたり、こういうダベリングもいいです。

大会といえばランキングも大事。釣った魚の種類を競う本編ではKSのラクティアさんが優勝。
商品はエサ1年分、ということでこれからも釣りに精進してくださいなw
場所が場所なだけにごみを多く集めた人にエコ大賞ということでゴミ拾い部門もありました。
こちらは何とハダリさんがダントツトップでした。
釣りスキルあんまり上げてなかったから水草とか錆びた短剣しかかからなかったんです・・・
商品はおいしそうな魚料理とビールでした。ごちそうさま。

表彰式後の記念撮影。
ScreenShot01442.jpg

楽しかったですね。またやりましょう。

前の記事にコメント返した通り、中の人今とても忙しくて週末しかinできてません。
あまりイベントにも参加できないかもしれませんが見捨てないでください・・・
では、また今週もがんばりましょう。
スポンサーサイト

赤く燃える高地と青く輝く湖

2008年06月16日 23:42

book13直後の週末。フォロヘルにはいつもエテンで名前を見る英雄たちでいっぱいでした。

ということは、エテンはきっと閑なはず。
久しぶりにMP起動してエテン散歩してきました。
まだこいつで行ってないとこあるのよね・・・

グラムの階段を南へ降りていくと野営地があり、なんか扉みたいなものがありました。
扉を見たらとりあえず入ってみるでしょ。入った先は
噂の堀。
ScreenShot01403.jpg

なかなか楽しそうなダンジョンですが、一人で行くのはちょっと怖い。
なんか叫び声が聞こえるし。ダンジョンの中で響き渡り気味悪いことこの上ない。
そのうちMPかハダリさんかどっちかで入る機会もあるでしょう。

南にあるホビットの村で庭師や農夫をちょっといじめてみたり、いじめてると名前付きの見回りがわらわらやってきたので即退散。
いつも激戦となるトル・アスカルネンを横切り材木場へいき、ティリス・ラウから熊に追いかけられつつてくてく歩いてアイゼンへ行き拠点の探索終了。
MPのみなさんの「肉いない~」と退屈そうなチャットログを見ながら一人で散歩していたのでした。
この日はレイドにも加わらず自由の民とのバトルもありませんでした。
MPの強化ってどうやるんだろ。武器買うわけでもないし・・・


表に戻って、フォロヘルにて。
湖に映るオーロラが美しいです。
ScreenShot01406.jpg

フォロヘルの色彩は他のエリアとはちょっと違って鮮やかな青が目を引きます。
深い氷の色を映したような青い旗がなびく街道は、いつもいる中つ国とは違って見えました。

灰燼の荒野から氷の国へ

2008年06月15日 10:29

ScreenShot01397.jpg

KSのメンバーや知人とともにエピック12章を進めました。6章から続く物語はバージョンアップによるエリア追加とともに訪ねる先も広範囲になってきます。
昨日は他にも同じのクエストを進めているFSがあり、カルン・ドゥームでは3つのFSが同時にいるような、まるでレイド状態でした。
先に進んでるFSが雑魚掃除した後を行く、とか逆にこちらが先行して雑魚掃除とか。
まだヘレグロドや裂け目などのレイドコンテンツには行ってませんが、こんな感じなのかなと。

そういえばKSのメンバーがトログ戦をニコ動に上げてたので貼っちゃおう。


12巻最後は11巻同様ソロインスタンス。
んー・・・
11巻の時も思ったけど、プレイヤーが傍観者になってしまうのであんまりこういう演出は好きじゃないなあ。
フロドとの散歩は楽しかったけど。

そして失われた半分を求めて氷の世界に旅立つわけです。
13巻のタイトルは「最後の王の運命」。
最後の王って・・・もしかして?

FSインスタンスの様子を動画撮影していましたが、アマレココのバージョンを上げてしまったらエンコーダーのバージョンも変わってしまい、以前撮ったものが見られなくなってしまいました。
http://amamaman.hp.infoseek.co.jp/

■アマレココをアップデートすると以前AMVエンコーダーで録画したファイルが観られなくなる。

現在AMVデコーダーの各バージョンに互換性がありません。そのため、アップデートでデコーダーのバージョンが変わると古いビデオファイルが観られなくなります。(バージョンの内、アルファベット部が違う場合は大丈夫)

AMVエンコーダーの圧縮率は一般的なビデオ圧縮に比べて低く(悪く)長期間の保存には向かないので、AMVのまま残さず、AviUtlなどを使って圧縮率の高いDivXなどに再変換し保存して頂けますでしょうか。もしくは、処理速度が間に合うならアマレココで直接DivX等のコーデックで録画することも出来ます。




一旦古いバージョンに戻して以前のものをwmvに変換(というかムビメカで保存し直すだけ)して、再度新しいバージョンにしないとだめですねぇ。
コーデックのしくみとか中の人は全く分かってませんが、なにか?

あ、こんなページあるんだ。
初心者の為のAviUtl講座
http://jumper-x.hp.infoseek.co.jp/begin/1aviutl/index.html
おべんきょ、おべんきょ。

北へアバンチュール

2008年06月13日 00:49

いよいよbook13です。中の人もちょっと早めに帰宅。
さっそくハダリさんは新エリア「フォロヘル」に行ってみました。
フォロヘルへはイヴンディムから入るようです。イヴンの北に門があって、以前は墓泥棒が占拠していましたが追い出された彼らは街道筋で旅人を狙っていました。

村の入り口でマンモスがお出迎えです。
ScreenShot01389.jpg

ちょっと奥の方に行くと交易かなんかで歩きまわってるような感じでマンモスがうろついてました。
これ乗りたいねぇなんて言ってるとKSの嘘吐きバーグラー二人が乗っちゃえとかなんとかいうので周りでぴょんぴょん飛び跳ねていたのはナイショです。
霧ふり山脈のような雪のエリアですが吹雪の感じとかは山とはちょっと違ってました。
下から吹き上げてくるような地吹雪がすごいです。
リアルで雪国に暮らす中の人は地吹雪の様子を見てちょっとゲンナリしたり。あれはリアルではめちゃくちゃイヤなもんですからねぇ・・・

このあたりでクエストをいくつかこなして今日は終了。いつも見かけるプレイヤーさんたちもそろってフォロヘルに来ていたようで、なんだか賑やかな日でした。
狩場被っちゃうなんて初めてだったよこのゲーム。

拾いもの
ScreenShot01391.jpg

剥製に加工してもらいKSハウスにおいてきました。
ScreenShot01393.jpg


悲しい記憶と大きな獣

2008年06月10日 00:45

book13のタイトル決定、という告知から1か月もたっていないのにアップデート決定の告知。
さくらがんばってますね。てっきり7月かなと思ってました。
ScreenShot01388.jpg

このじゅうに乗れないかな。馬の代わりにじゅうで移動するとか。ないか。
アップデートは12日。今週です。

このせいかな?週末はいろいろイベント多かったです。新人歓迎生産祭りとか。
ハダリさんも指輪や首飾りを・・・と倉庫を見ると銅も金もすっからかん。最近古鉄や霧降銀ばかり掘ってたからしょうがないね、と久々にジェリルさん起動して畑仕事をしてにんじんやカリフラワーやじゃがなど出品いたしました。
需要あるんだろうか・・・と思いましたがそこそこ売れていた様子。

前日の11巻の続きはソロインスタンス。廃墟となっている城で過去の記憶に触れてきます。
あのお方の過去にそんなことがー!と目の前で展開されるイベントになんだかFFやってる気分になったのはナイショ。
バトルのないソロインスタンスってFFの強制ムービーみたいなもんですねぇ。

その後はエテンへ。
なんだか今日はやけにMPさんたちに絡まれるなあと思いつつ死ぬこと数度。
なんで狙われるんだろうと(´・ω・`)としているとクールビューティなミンスさんが一言
「士気低いから・・・」あ!
言われてみるとまわりの英雄の皆さんはハダリさんより1割2割士気高めです。そりゃハダリさん狙われるわけだ。
功績さぼってたからなあ。

さて、士気を上げるには・・・っと。

葬送と追撃と秘密の鍵

2008年06月08日 13:35

以前KSメンバーでクリアしたエピック10巻から続く11巻を遂行。
イヴンディムからタル・ブルイネン、ゴブリン町とbook11で拡張されたエリアを走り回る一連のクエストになっています。

イヴンディムにて。10巻の終わりの戦いで無くなった者たちの追悼の場
ScreenShot01382.jpg

夕暮れの光が美しい場面でした。
この後アングマリムを追い湖の岸辺から大移動開始。アモン・ライスと風見が丘で敵の様子を伺いタル・ブルイネンに到着。ここからFSメンバーと合流してSFSクエストを遂行していきます。
今回のメンバーはチャンピオン2人とミンスさんという押せ押せなFS。またもや脳筋ぶりを発揮して突っ込んでいくハダリさんでした。
木トロルの洞窟は楽しかったねぇ。
もう一人のチャンプさんの装備は両手斧。ハダリさんはいつも動きの派手な2刀流でしたが両手斧の攻撃力もなかなかいいなーと思ってみてました。
同じmobを相手でも殲滅速度が違うのを見るとちょっと考えてしまったり。

同じ日にチャンピオンだけで裂け目レイドというチャレンジをやっていた模様。
そっちも行きたかったのですが集合時間には中の人帰宅できないかも・・・という状況だったのでパスしてました。
参加していたエキルさんのブログ
http://ekir.lotroblog.jp/article/18568.html
結構熱いバトルだった様子ですね。
次あるかな?あったら参加したいな。

嵐を呼ぶアッパレ!エテン大合戦

2008年06月03日 21:51

LOTRO日本語版1周年記念、ということで村ではお祭り
エテンでは英雄と蛆たちの大戦争でした。

いやー、すごかったねぇあの人数。
英雄側で4レイド、MP側でも同じくらいはいたんでしょうか。1か所に集中してラグ祭りにならないようにあちこち移動してのバトルとなりました。
最後に開けた野原に移動しての合戦もすごかった。
東と西に陣取った両軍が合図(使者が倒されたことで会戦)とともにワーッとぶつかり合うわけですよ。
まるで映画の合戦シーン。
カタパルトやはしごを使っての攻城戦とか、やってみたい気がしますね。

この後本当に嵐のようにサーバーから蹴落とされ、停戦。
停戦後はお祭り用地の花火を見ながら、人の姿のMPと英雄とで語り合ったのでした。

LOTROの対戦は面白いねぇ。
1対1じゃなく集団戦だし、賭けるものはないし(鬚をかけた人はいましたが)勝っても負けても殺しても殺されても憎しみや恨みが残らないのがいいです。
そういえば開戦前にこっそり落ちて行った某組合員はこっそりMPで参加してたとのこと。
昨日は家康だったから今日は光成ね、みたいな感じですか?

1周年のお祭りとゴブリン町の壁画

2008年06月01日 13:10

Lotro日本語版の正式サービスが始まって1年経ちました。
開発元のTurbine社からのメッセージとのことで
http://www.lotro-japan.com/information/news/news_details/202.html
向こうは順調にモリアやbook14の予定を進めてる様子。日本でのサービスもぜひなんとか継続してもらいたいな。


中つ国でも1周年を祝うお祭りが始まりました。
http://www.lotro-japan.com/information/news/news_details/200.html
そして花火大会。録音失敗したので音楽でゴマカシ。


だれだ場所提供と花火だけかよと言ってるのは。
結構ユーザーが勝手気ままに宴会やるので場所提供だけで充分じゃないかと思います。
あんまり運営が表だって企画すると下手すると反発されますし。
それにユーザーがイベントやるのに運営のイベントが何時からだし・・・なんて気兼ねもしなくてすむでしょう。

その6月1日にはエテンイベントがあります。
スパイクさんのブログhttp://chest.lotroblog.jp/
今までのエテンイベントとは違って野伏、トロルあり、復帰サークルは使用せず(MNSによる蘇生はOKってことですね)全滅するまで、ってことみたいです。
なんか今までになく熱いイベントになりそうです。これはMNSさんを殺さないようにという戦術も必要ですね。


以前はーりさんのブログで見たゴブリン町の壁画。KSでも話題になりみんなで見に行ってきました。
ScreenShot01368.jpg

これこれ。はーりさんによるとカサド・デュム(モリア)陥落の場面らしいということでしたが顔の赤いのが9人いるんですよね。
9人ていえば・・・

この他にも2つの壁画があり
ScreenShot01365.jpg

燃える森から船で逃げだす大鷲に乗って逃げ出すドワーフたちとか。何の場面だかよくわかりません。
ワーグやゴブリンに追われて逃げてるような感じです。
こういうときにぱっと原作の場面が出てこないのはやっぱり指輪ファンとしてはかなり薄めです。
いつも手元に追補編は置いてて見てますが、これが何の場面なのかはちゃんと読みこんでからにしようと思います。

その奥に、ちょうどゴクリの洞窟(ゴクリという名で馴染んでますが、ゴラムというのが正しいのでしょうね)の手前あたりにちょっと怖い絵があります。
ScreenShot01374.jpg

これなんだろう。大ゴブリンかな?
まだ大ゴブリンは見てないけど、右手に火の玉みたいなのが見えるけどそういう奴なのかな?

ゴブリン町はかなり広くていつ行っても迷いますが、迷うことなく道案内してくれたスキンヘッドのバグラさんありがとうでした。


<追記>
ゴブリン町の2枚目のss、大鷲に乗って逃げるドワーフってことは、これ「ホビットの冒険」の一幕ではないでしょうか?
拡大してよくみると上の大鷲にガンダルフとビルボらしい人物もいます。
ScreenShot01365拡

壁画自体、比較的新しいものなのでしょうね。


<さらに追記>
ゴブリン町探検記の動画です。
来週にしようと思った編集を休みだったのでやってしまってupしました。
録音失敗したのでまたもや音楽でごまかしてます。

またマイケルジャクソンです。すみません。好きなんです・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。